相談にあたってのご注意

学生相談部門で相談されるにあたって、いくつか注意しておいていただきたいことがあります。

1. 相談で話された内容の秘密保持について

相談において話された内容が学生相談部門の外部に漏れることはありません。ただし、現実的に自傷他害の恐れがある場合には、相談者や関係者を守るために必要最低限の情報を必要最低限の範囲で関係者に伝える場合があります。また、教育研究環境の安全性が脅かされる場合、法に触れるおそれがある場合、直ちに命の危険はないものの本人もしくは周囲に重大な悪影響が及ぶ場合など、高等教育機関としての教育上の義務を果たすために必要なものであり、かつ、社会通念上正当であって、相談者にとっても有益であると判断される場合、その目的にとって必要最小限の範囲の情報を、学内の関係部局と共有する場合があります。

相談者が、学生相談部門以外でも、京都大学において学生支援業務に関わる他の専門職(医師、看護師、臨床心理士、公認心理師、キャリアコンサルタント、社会福祉士などの専門家)の支援も受けている場合、より効果的な支援を提供するために、これらの専門職と情報共有する場合があります。その場合でも、情報共有は支援に関わる専門家の間のみで必要最小限の範囲で行われ、その外部に漏れることはありません。

相談者が明確に許可した場合、相談者が許可した範囲の情報を、関係教職員等と共有することがあります。

学生相談部門の各相談室での相談の記録は、学生相談部門の相談員間で共有されます。

相談で話された内容の秘密保持に関して疑問や気がかりがあれば、いつでも相談員に尋ねてください。

2. 学校医(精神科医)による面談と医療機関の紹介について

相談の中で相談員が必要と判断した場合には、学生相談部門の学校医(精神科医)との面談を受けていただくことがあります。その際には学校医(精神科医)との面談の必要性や申込方法等について相談員から充分に説明を行います。またメンタルヘルス上の問題については、相談員と学生相談部門の学校医(精神科医)とが密接に連携し、医療が必要な方には医療機関を紹介します。

3. 学術的活動および専門的訓練へのご協力のお願い

相談は秘密を守って行われますが、そのすべてが徹底的に秘匿されてしまうと、相談員の相談技術は向上しにくくなりますし、価値ある実践も誰にも知られず埋もれてしまい、学生相談の活動全体が停滞してしまいます。さらには、不適切な実践がなされていても、批判や検討の機会が失われてしまいます。こうした事態は、結局は相談者にとっても不利益となるものです。それゆえ、相談員には、相談者のプライバシーを慎重に守りながらも、相談活動を適切な形でオープンにしていくことが求められています。

以上を踏まえ、相談員は、相談者のプライバシー保護に慎重に配慮し匿名性を確保した上で、専門職としての守秘義務についてよく理解した、クローズドな専門家メンバーからなる学術的・専門的な場(学会やスーパーヴィジョン、事例検討会など)を条件として、相談の経過を報告することがあります。

上記の条件の範囲外での相談経過の具体的な報告に関しては、プライバシー保護に十分な配慮を前提とし、相談者の許可を得て行うものとします。

以上について、ご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。

この点に関しても、疑問や気がかりがあれば、遠慮なく相談員にお尋ねください。